10年

東日本大震災からちょうど10年。

東北被災地だけでなく各地で追悼、語り部などが行われていることだろう。

被害当事者でない者の記憶の風化は仕方ないことなのだろう。10年前、東北沿岸部の甚大被害に遭った直後の被災地を目の当たりにしてきたのに、月日と共に日常生活に追われ忘れていく。そんな当事者でない私にできることは何なのだろうか…

追悼、そして慚愧(ざんぎ)だと思う。

「慚愧」簡単に言えば、内に外に省み、深く反省すること。

当事者となった多くの深い悲しみに、耳を傾けず、踏みつけるような事をしてはいないかと省み続けていくことだと考えている。