笑顔で…

コロナウイルスに怯えながら日常を過ごしていると笑顔が無くなっていく。

特に感染者数や感染場所など、コロナウイルス関連の報道ばかりを見ていると、不安ばかりが増え、危険に覆われているような感覚になり、まわり全てが敵のような感覚になるのかもしれない。

「笑っている場合じゃない」「笑ってられない」と言う状況ももちろんあるが、ホッとできる時間や、ただただ笑えるような出来事でも無いと人間の心が壊れていくと感じる。

笑顔は免疫を上げると言われている。また無理やりに笑って(笑顔)でも免疫が上がるとも言われている。

数年前に笑いヨガの講師を招いて、お寺で笑いヨガを体験を催したが、最初は無理やりみんなで声を出して笑うと言うものであったが、そのうち周りの笑顔に自然と笑顔になり、最後には無理やり笑うのではなく、みんなが自然に笑顔になり、気持ちよく、心地よく笑いヨガを終えた事を思い出した。

今の社会状況、現実を見ればただただ笑える状況でもない。笑う時間があるならもっとやることがあるだろうと言いたくなる時もある。

ただ、しかめっ面してもコロナウイルスはいなくならないので、それなら免疫がつくよう笑ってすごしていく、笑えるような事を見出しながら過ごして行った方がいいと気がついた。

悲しい別れの中でも、ふとした笑顔が悲しみを和らげ、癒してくれる。

一日一善は出来ないが、一日一笑顔はできると思う。

腹立つこと、悲しい事、一日の中で色々な感情が沸くが、笑顔で行こう。