春彼岸

春分の日の前後3日間合わせて、今日から彼岸入り。

大乗寺では明日から春分の日までの3日間、彼岸法要を勤めさせて頂く為、本日最終の準備。

春彼岸のお供物は、東日本大震災の翌年から、東北各地の銘菓をお供えし、法要毎にお下がりとして頂き、参詣の皆さんと一緒に少し思いを馳せ考えさせて頂く機縁としている。

今年は、福島と宮城の銘菓、塩釜のお茶を用意した。


昨年の春彼岸は熟慮の結果、1日だけの法要としたが、明日は時間短縮・最大の感染対策をしながら、リモート配信と併用して3日間勤めさせて頂く。

積極的に参詣もお願いできないが、お寺参りを楽しみにさていて下さる方もいらっしゃるので、少しでも安心頂く為、細部までの消毒掃除や法要中の感染予防策も住職として責任を持って抜かりなく行い、無事3日間を終えさせて頂こう。