国会中継

国会が開会して数週間過ぎたが、はじめこそ国会中継がテレビで行われていたが、いつの間にかテレビ中継も行わなくなり、私的感覚的には国会が終わったように思っていたが、大事な審議は続いていた。

緊急事態宣言の延長是非、ワクチン接種、オリンピック開催是非、五輪組織委員会会長の発言問題などは盛んに報道されているが、現在の国会審議(委員会審議)を詳しく報じているテレビは無い。インターネットでは中継されているようだが、まだ居間で容易に視聴できる人は少ないだろう。この状態が政治離れを生んでいる一因とも思うが…。

国の未来を審議している。私の問題、次世代の問題を審議しているはずだが、中継すらしない事を問題としない無関心さが、政治の腐敗と政治離れを増長させている気がしてならない。


翻って、お寺はどうだろうか?

宗教離れ、寺離れが言われている。世間と乖離した感覚にお寺側は鈍感となってはいないかと自問。

我がお寺、我が組織を守ることばかり考えて、仏教の教えをおろそかにした結果が「お寺離れ」を増長させているのではないかとも痛感する。

「ひらかれたお寺」と言ってはいるが、誰もが「ひらかれた」と感じられるようになってはいないことに気がついた。

腐敗しないよう、離れないように勤めて行かなければならない。