グッピー

5月もいよいよ終わり、もう6月になる。

この2年は中止や縮小していた、運動会や様々な催しが行われはじめるので、久しぶりに賑やかな活気が感じられるようになるだろうか…。


今月の中旬から熱帯魚のグッピーを飼育始めた。

坊守の叔母が長く育てていたが、高齢になり水替えなども大変になってきたので、数年前から譲り受ける約束をしていたが、コロナ渦で会いに行く事を控えていたので、今月ようやく引き取った。

幼少の時にお祭りの金魚すくいで釣った金魚を買って以来の魚の飼育。

暇さえあれば水槽を眺めて、お腹が大きくなったメスのグッピーから子供が産まれるのを待っている。

グッピーを飼育するにあたり色々と調べていのちの不思議を色々と感じる。

卵を生み出し水中で孵化していくのが魚類の特性と思っていたが、グッピーは母体の中で孵化し、赤ちゃんになってから産まれ出ると言う。

その瞬間をどうして見たいので、暇さえあれば水槽を眺めている。

我が子の出産に立ち会うことを考えた事すらなかったのに、グッピーの出産には立ち会いたと思う可笑しな私。