12月8日は…

先週の深夜、テレビをつけると太平洋戦争に纏わる番組が放送されていた。

戦争突入までの日本の熱狂を一般市民の日記や、証言をもとに検証していた。

太平洋戦争開戦から80年。

なぜあれほど無謀な戦争に突入していったのか。なぜ戦争を繰り返してしまうのか。

時の権力者の責任はもちろんだが、一因は大衆の熱狂にある。

大衆の熱狂、また同調圧力に他国への侵略を是としてきた史実。反戦を口にした方は口を封じられ、また投獄され、排除されていた。


私は当時の熱狂の波に少しでも抗うことが出来ただろうか。

当時はみんなが熱狂していたから仕方なかった…とうやむやにだけはしないで行かなければならない。

無差別殺人の極みが戦争。絶対に起こしてはならない。