top of page

自然の前では

中国、九州地方で続いている豪雨による被害が大きなものとなっている。

先ずは避難を最優先。人間の予想をはるかに超えてくるのが自然の摂理と心に留めなければならない。


福島第1原発事故による、汚染水(処理水)の放出に向けて外濠が埋められつつある。まだ地元の理解も得られていない状況であるのに…

「海外ではもっと多い量が放出されている。基準を満たすのだから放出しても問題ない」と言う安易な論調には違和感を感じる。放出での人的影響はないとも言われているが、50年、100年単位ではわからないだろうし、地球環境的に影響が無いとも証明されていない。

それではどうするんだと言われたら、私の知識ではわかられないが、先ずは汚染水が増えない方策を考えて、未来の科学技術に託していくしかないとも思う。

bottom of page