聖火リレー

様々な物議が論じられていたが、聖火リレーが福島県をスタート。「そう言えば…」程度の認識しかなかったが昼のニュースで知った。

まだ東京五輪パラリンピックが開催できる状況かわからないが、聖火リレーによって元気と共生の心が広げられ届けられるならひとつの役割はあることだろう。

ただ未だに開催の是非も賛否渦巻いている事で、おかしな分断や争いが起きないことを願うし、そうならないように東京都、組織委員、政府がしっかり考えていってほしい。


道内、札幌の変異株の感染者の増加に伴い、札幌市内へ何かしらの要請が出されると報道であった。お寺の法座はこれまで通り感染予防に務めて行うが、不要不急の外出自粛要請は、お寺を預かる私にとって大きな苦悩で精神的に苦しい。

誰か、どこかだけに自粛を強制するやり方で感染者を減らす方法には、もう限界が見えていると感じる…。ゼロリスクにするには、1人閉じ籠もるしかない。しかし、長期に閉じ籠もることを要請すれば、別の大きな問題が発生することは明らかとなっている。

何か別の手立ては無いのだろうか…。