武力、侵略に正義も勝利も決してない

報道で言われていた、ロシアのウクライナ侵攻戦争が起こってしまった。

侵攻を正当化するプーチン大統領の会見や報道を見ても、正当性はまったく感じられない。

多くのウクライナ市民にとって、プーチン大統領をトップとしたロシア軍の「テロ」行為以外の何ものでも無い。

侵攻を命じたプーチン大統領に対して強く非難する。

自分の思い通りにならないからと言う理由で、武力を用いて攻撃し、屈伏させると言う行為は間違いなく犯罪行為なのだ。

なぜなぜなぜ…。

世界各国で連携して、決して武力を用いないで、あらゆる手段を用いて考え、武力侵略を止めさせるよう対話対峙して行かなければならない。

非戦・悲戦・嫌戦

私は何が起こっても戦争は反対。またこの先、武力増強なども絶対反対であり、世界各国の武器・武力放棄を心から訴える。