心配、不安…不信

昨日、東京オリンピックで札幌での競技開催に関わる交通規制の通知チラシがきた。

どんな状況になっても開催はするのだろう。競技に挑む選手は応援したいと思うが、選手よりも多い、いわゆる関係者と言われれ人々の出入りで、今以上の混乱、不安が生じないことを祈るしかない。

札幌はマラソンに伴う交通規制が悩みの種となっている。お盆参りと重なり、お寺の周りがコースとなってもいて道路が規制される。マラソンでの交通規制は慣れているが、オリンピックとなるとさらに厳しい規制になりそうで、告知チラシを見ているが、いまいち理解できない…

また、オリンピック延期で、多くの紙媒体カレンダーの祝日が、実際とは変わっている。かなり知らない人が多いが、その事を知らせるような丁寧な案内も少ない。

最近特に「オリンピックだから」と言われても納得できないことばかり。

選手にはできる中で頑張って…と心から応援するが、開催することへの心配・不安とオリンピック利権に固執する取り巻きには不信ばかり生じる。

せめて少しでも不信を拭い去る、人間味ある言葉を聞きたい。