心地よい残暑

今日は真夏に逆戻り。

30度近く気温が上がったが、湿度がそれほど高くなかったせいか、それとも夏が終わると言う寂しいような思いが強くなったせいか、私にとっては心地よい夏日。檀家さんのお宅に伺う車中も窓を開けて気持ちよく運転していた。


心地よい天候だったが、北海道は3度目の緊急事態宣言が発令。

多くの人が感じているのは、まん延防止と何が違うのか、また今までの緊急事態宣言に何の効果があったのかと言う疑問と不信だと感じる。

感染する不安ではなく、混迷する社会の漠然とした不安は、この1年半拭えることができず、ワクチン接種が始まっても様々な不安が次から次に増える。

自爆テロが発生し多く犠牲者があった、タリバン政権のアフガニスタンの情勢も不安で心配。また先進国によるワクチンの争奪も始まっていると聞く。

世界中の人が、今日のような心地よい風を受けながら暮らせる日がいつか来るだろうか…