平和と調和の五輪開幕

いよいよと言うべきか、本当に今日、東京五輪が開幕。平和と調和がオリンピズム精神と聞いた。

今日のニュース(以下抜粋)

広島への原爆投下後に降った「黒い雨」を巡り原告84人全員を被爆者と認めた広島高裁判決を受け、広島県と広島市、政府の協議が23日午後、広島市役所であった。関係者によると、政府側は高裁判決について「被爆者援護法の枠組みを大きく壊すもので、看過できない」などとして、県と市に上告を求めた。(中国新聞)


確か広島県や市は判決を受け入れ、上告しない判断をし、ようやく被爆被害者と認め救済されるものだと思っていたが…

政府は未だに争う姿勢でいるようだ。

平和と調和の祭典であるオリンピックが始まり、IOC会長は開会前に批判ある中でわざわざ広島を訪問した。

そして政府は今、苦しんでいる被爆被害者を認めない方向でいると言う。

馬鹿げているとしか言いようがない。なぜなぜ…としか言いようがない。