top of page

再びの猛暑

朝から日差しが強く、昼前には30℃を超えていた。

お盆参りは、一年ぶり、半年ぶり、数年ぶりにお会いする檀家さんもいて、病気や怪我で様子が変わられた方もいて

、近況の話しから長い立ち話のような感じになる事も多い。

一年といえない…

人生の先輩からよく聞かされる言葉。我が身の老いと言う現実から、今元気であっても、一年先はどうなっているか、今と同じような振る舞いができるか、また我がいのちの事を含め、決してわからない…と言う自覚からの言葉。

諸行無常を表している。

「住職ももう50なんだから来年はわからんよ…」

ふと言われた言葉が重くありがたい。


高校野球がなぜこれほど国民的イベントになっているのかを思えば、来年出場の確証がない、一度きりになる試合の連続に、選手も観戦者も「この1試合」を夢中になり、観ているのだと思う。

「この1試合」と同じように、「今日」を一心に夢中に過ごせたら素晴らしい一日。


Commentaires


bottom of page