top of page

共有する力…

報恩講が終わり、最初の週末。ご法事や月参り、事務仕事や会議などで1週間が、またたく間に過ぎていく。


一昨日の深夜、連続放送のNHKスペシャル「ヒューマンエイジ 人間の時代」と言う番組を見た。

人間社会の繁栄。破滅。欲望。戦争…歴史的事実、科学的デ一タを用いて、人間の本質に迫り、人間社会の問題を提起する番組で色々と考えさせられた。

人は知識と知恵、また問題や解決方法を共有する力を持って発展してきた。しかし、その力が人間社会、地球を破滅に導いている…そんな事を訴えていた番組であった。

人の共有する力が、線引きをし、他を攻撃するようになると言う科学的な事実は、繰り返し戦争が起こる史実を顕わにしていた。

ミャンマー、ウクライナ、スーダン、そして中東地域。私が知っているだけでも大きな戦禍がずっと続いている。

独裁者が起こしたものと言う視点もあるが、人の共有する力が戦禍を拡大継続させていると言う事実があるのだと想像する。人の共有する力が、格差、差別、争いを生み、分け隔てしているのだろうか。

「共に」と言う言葉の見極めをしっかりとしなければならない。

bottom of page