何でだろうか…

今日1日、汗をかき続け、夕方までに肌着を着替えること5回…息子たちも何度も着替えたらしく、朝にはなかった洗濯物が夕方には山になっていた。


車を走らせていると、至る所で選挙カーとすれ違い、改めて疑問に思う。

「議員候補〇〇をお願いします」「〇〇と書いて下さい」

と言った連呼が選挙カーから聞こえてくるが、政策や人柄、候補者の政治信条もわからず投票する方はいるのだろうか…

誰に入れていいかわからないから、聞いたことある名前に投票すると言った声も聞くが、選挙カーから聞こえた名前を覚えて投票するものなのだろうか…。

海外も同じような選挙運動なのだろうか…。

個人的にはこんな選挙活動が続いている事が投票率が低い一因となっている気もする。

さて選挙の争点はなんだろうか。憲法改正、夫婦別姓、LGBTQ、すべてにかかわる人権問題、景気、気候変動、エネルギー問題、感染症、少子化、高齢者、年金、税金…。正直言うと、ありすぎる。

どの政党、政治家にも言いたい事は、当選したとたん有権者に背を向けるような事は無いようにしてほしい。

希望を持って投票したのに、言っていた事と違うだろう…となれば益々、政治離れが進む。

それにしても、政党でも党首でもなく、地元立候補者の政策をしっかりと聞く機会が、私のような者でも出来ないものだろうか…