今年最後の法座



今日は本年、最後の法座。

朝から雪が降り止まず、出歩きにくい日にも関わらず、参詣下さる方がいる。見守って下さる方がいる。

こうして無事に1年間、法座に遇わせて頂いた。

門信徒の方々、布教使、家族そして仏さま。

皆さんに「ありがとう!」と感謝。


雪国にとっては厳しい季節の始まりだが、この雪もいのちの恵みと味わい過ごして行こう…と今は思えるが、毎日続くとそうは思えない。

それは人間として仕方ない事なのだろう…でも仕方ないで終わらせずに行きたい。