人の残虐性

止まぬロシア、プーチン政権の侵略戦争。

真相は定かではまだ無いが、マリウポリ市街地が破壊された映像、民間人死傷者数の発表、避難した人の証言…

残虐性の無い戦争など無いが、文明科学がどれだけ発展しても、戦争(武力)の残虐性はまったく変わらないことを痛感する。

一人殺したら厳罰になるのが平時。だがひとたび戦争となればそれこそ10人、100人の敵を殺戮すると英雄となる…だがそれは冷静に考えれば狂気の沙汰。

もう犠牲者を一人も出させずに終結する方法、先ずは侵略を始めたプーチン政権が深い懺悔を痛感する方法は無いのだろうか。

人間の残虐性は縁によっていくらでも大きくなり突き進む。世界全体で、戦争と言う最たる残虐性を断つ縁を作らなければ…。

絶対に侵略を殺戮を戦争をやめよう。止めてくれ!!

今は一人一人がそう叫び続けるしかないのだろうか。