わかっているけど…


春の永代経法要2日目。

昨日に引き続き、豊田靖史氏に布教のご縁を頂く。


我が身の姿を改めて気づかさせて頂いた。

罪悪深重、煩悩まみれの我が身…と聴かせて頂くが、それは我が身ではなく「あの人のことだな…」と他の身に当てはめてしまう私。言葉と知識としてだけ、煩悩まみれの私だと理解しているだけだった。

「わかっちゃいるけどやめられない」植木等さんの有名の歌の歌詞。

無数の煩悩(欲望)の大きさと罪深さは頭でわかっている…が止まらない。止められないのが私。

それを「しかたない」で終わらせるのではないのが仏教の教えのありがたさ。

我が身の有り様を知らされて行く中で、優しく温和に歩める道が開けてくる。