やり切れない悲しみ…

息子のクラスメートが事故で突然亡くなった… 

今、親御さんご家族は言葉に表せないほどの悲嘆の中にいらっしゃることだろう。今はただお悔やみを伝えることしかできない…


何度か遊びにも来ていて、少し前に学校祭での演し物の練習をしに、クラスメートで集まってお寺で練習をしている姿を見ていたばかり。

連休中の突然の知らせに、息子は「信じられない。信じたくない…」と言っている。もうじき卒業で、友達同士で馬鹿を言いながらも進路や将来の夢を語っていたのだと想像する。

かわいそうなどと言う思いではなく、やり切れない虚しさ切なさを感じ、この世の不条理を憎みたくもなる… 

今はただただ息子とやり切れない悲しみに暮れて過ごすしかない。